料理系ユーチューバー

きまぐれクックの本名や年齢は?愛用の包丁や彼女の噂、かねこあやとの関係についても

料理系、魚捌きユーチューバーの中で、今一番人気があるユーチューバー「きまぐれクック」です。

彼の手にかかると、どんな魚もきれいに捌かれ、美味しそうな料理になって出てきますし、料理や魚を捌くことを知らない人からみても「凄いな」と素直に思えます。

今回はそんな「きまぐれクック」の本名や年齢、愛用の包丁や相棒のかねこあやさんのこと、そして彼女や結婚、炎上や年収についてまとめてみました。

 




きまぐれクック

「はいどうもこんにちは! かねこです。本日の食材は~」といった決まり文句で始まるきまぐれクック。

現在、「魚捌きユーチューバー」の中で一番その捌きが上手いのではないかと言われるユーチューバーです。

「魚捌きユーチューバー」といえば、その第一人者として「トミック」が有名ですが、きまぐれクックはその包丁さばきが見事!

トミックはサイコパス?本名や年齢や高校、前職や嫁、年収情報も人気ユーチューバー「トミック」をご紹介します。本名や年齢、出身高校や前職といった情報から、あの「サイコパス疑惑」や嫁の事。そして気になる年収情報までまとめてみました。...

その包丁さばきと独特の軽い口調で、台所に入りきらない程大きなサメやお腹にすじこがたっぷり入ったサーモン、フグ、アンコウ、小さいものだとタツノオトシゴやオオグソクムシといったものまで捌きその動画を公開しています。

その包丁さばきを見て

  • 「料理人ですか?」
  • 「包丁さばきはどこで習ったんですか?」

という質問がきまぐれクックのところに届くのだとか。

実はきまぐれクックは料理人ではありません。

本人曰く「ど素人」「料理の経験値0」と語っています。

ただし、実家が漁師町で小さいころから魚を捌いていた事、また彼のお母さんがちゃんとした家庭料理を作る人だった等もあり、きまぐれクック自身も普通に料理が出来るようになったそうです。

子供の頃の環境ってすごく大切ですね!

きまぐれクックのプロフィール

それでは、きまぐれクックのプロフィールをご紹介します。

名前きまぐれクック
本名不明(名字は金子?)
生年月日1991年5月31日
血液型O型
身長177㎝
体重64.2㎏
出身地愛知県
所属事務所Kiii
職業ユーチューバー(元サービス業系会社員)

きまぐれクックの本名

「きまぐれクック」という名前でYoutube活動をしている彼。

その動画の随所で「きまぐれクック金子」とも名乗っています。

彼は本名を公開していませんが、この「金子」というのが彼の本名の名字ではないか?と言われています。

実は韓国出身?

もう一つ、きまぐれクックには不思議な噂があります。

それが、「実はきまぐれクックは在日韓国人なのでは?」というまことしやかな話です。

実はこの「金子」という名字、韓国人に多い苗字なのだそうです。

実際は、きまぐれクックは韓国人ではなく愛知県出身で、これは動画の中でも何度も語られています。

動画の中には、彼が生まれて育った愛知県南知多の漁港の市場が映っていることもしばしば。

きまぐれクックの年齢

きまぐれクックの生年月日は、1991年5月31日、年齢は29歳になります。(2020年8月現在)

人気ユーチューバーの中では平均的な年齢でしょうか?

ちなみに、きまぐれクックと同じ年齢、1991年生まれのユーチューバーは、恭一郎(恭チャンネル)、ヒカル(Hikaru)、へきほー(へきトラ)がいます。

きまぐれクックの前職

きまぐれクックは、ユーチューバーになる前は普通にサラリーマンをしていたようで、業種は「サービス業」、かなり忙しかったようです。

2017年2月、その職を辞めて転職する予定でしたが、有給消化中にYoutubeチャンネルを開設、動画投稿を始めたところチャンネル登録者数がどんどん増えていったそうです。

その結果、周囲の人の後押しもあり、転職先として決まってきた会社を断り、ユーチューバーとして生きてゆく決心をしたのでした。

きまぐれクックとフグ調理師免許

そんなきまぐれクック、動画の中でフグを調理しているのです。

その動画を見て「気まぐれクックは本当は調理師じゃないの?」という視聴者の方も多かったようです。

実は、きまぐれクックの住んでいる愛知県でフグ調理師の免許を取得するには「フグ調理師免許を持っている人の下で2年働く」という実務経験が必要になります。

これは、正社員ではなくアルバイトでもよいとのことで、きまぐれクック自身そういった所でのアルバイト経験があり、実務経験をクリアし免許取得できたのです。

それだけ魚が好き、という事でしょうか?



きまぐれクック愛用の包丁は何?

きまぐれクックの動画を見ていると気になるのが、その手元の包丁

「一体どんな包丁を使ってるんだろう?」と気になりますね。

きまぐれクックの動画の中には、視聴者からのプレゼント紹介の動画があるのですが、その中には「包丁」も多くあり、中には素人が見ても「これはすごくいい包丁なのでは?」と思うものも多くありました。

そんなプレゼントの包丁もきまぐれクックは動画の中で使っています。

ここではそんなプレゼント包丁も含め、きまぐれクックが動画の中で使っていた包丁をご紹介します。

100円包丁

実はチャンネル開設当初、きまぐれクックは100円包丁で捌いていた時期もありました。

きまぐれクックいわく「100円のフルーツナイフは、そこら辺のヤナギ包丁よりよく切れる」らしいです。

G.SAKAI(ジーサカイ)牛刀

2017年夏、G.SAKAI(ジーサカイ)というメーカーの牛刀をメーカーからプレゼントされました。

さびにくい刃の包丁で、値段は1本1万4904円!値段からしてプロ仕様ですね!

ちなみにこの包丁はきまぐれクックの動画で紹介された直後に人気が上がり、わずか1日で品切れになってしまったとか・・・

包丁で品切れって、想像つかないですね。

また、きまぐれクックとジーサカイはコラボ動画も作っているようですよ。

霞(KASUMI)

こちらは、きまぐれクックがAmazonで一目ぼれして買った刃が青い包丁。

購入後、この包丁でぶりを捌いていましたね。

この包丁も切れ味が良かったようですが、こののち、この包丁のメーカーからきまぐれクック宛てに包丁の詰め合わせが送られていました。

他にも、確認できないメーカーの包丁や、高級な包丁を視聴者からプレゼントされているようですよ。



きまぐれクックに彼女はいるの?

身体がしっかりしていて料理が出来て、そこそこイケメン!

モテる要素がそろっているきまぐれクック、彼女はいるのでしょうか?

ちなみに、きまぐれクックの理想の女性は

  • 「一緒に釣りに来なくても良いけど、出来るなら自分の事は全部自分でできる人」
  • 「生活リズムを管理してくれる人」

と言っています。

外見よりもむしろ、しっかりとした自立気味の女性が好きなようですね。

また、彼女に関しては、こんなことも語っています。

「彼女よりも1本の動画」という言葉は、きまぐれクックの動画に対する真摯な思いを感じますね。

さらに、2019年頃には質問動画で「いない」と言っていたので、彼女はいなかった様子。

ところが翌年、きまぐれクックの人生に大きな転機がやって来ます。

きまぐれクックが結婚

2020年7月7日、きまぐれクックはかねてより交際していた女性との結婚を報告しました。

https://twitter.com/Kneko__/status/1280395362444800001?s=20

入籍自体は4ヶ月前にしていたそうなので、2020年3月頃の入籍だったのでしょう。

30歳までに結婚するという目標を掲げていたきまぐれクック、29歳で滑り込みでいい人に巡り会えたと嬉しそう(^^)

結婚報告については、当初はTwitterでさらっと行うつもりだったのが、大きな反響があったため急遽動画も撮影したとのこと。

結婚相手の女性は、YouTubeや芸能関係の仕事には携わっていない、いわゆる一般女性。

ですが、きまぐれクックは一般女性という呼び方が嫌いだそうで(なぜなら自分も一般男性だから)、「メディア等には露出してない方」と表現しています。

こんな言葉の使い方ひとつを取っても、きまぐれクックの謙虚な人柄が感じられますよね。

どんな奥さんなのか気になる方も多いと思いますが、残念ながら動画に出演する予定はないそうです。

ちなみに、子供はまだいませんが、子供が大好きなので楽しみだと語っていました。

きまぐれクックには、ぜひ幸せな家庭を築いてほしいですね!

かねこあやさんとの関係

きまぐれクックの動画には、時々とてもきれいなユーチューバーが出演していて、彼女ではないかと噂になったことがありました。

その女性が「かねこあや」さん。

自称、きまぐれクックの「妹」とのことです。(実際は違います)

とはいえ、二人で並んでトークをしたり、一緒に魚を捌いている動画を見ると、

「本当はお付き合いしている恋人同士なのでは?」と勘ぐってしまうのも無理はありません。

ですが、実際のところ二人は付き合ったことはなく、それぞれの動画で「お付き合いしている人はいない」と語っていたので間違いないでしょう。

それに、きまぐれクックが結婚した今となっては、実際の結婚相手の方が気になってまいますよね!

かねこあやの本名や年齢や身長は?出身高校や彼氏の噂、整形疑惑や年収情報も美容系ユーチューバー、かねこあや。元モデルとして活躍していたユーチューバーです。そんな彼女の本名や年齢、身長、出身高校の事、そして彼氏の噂や整形疑惑や年収についてご紹介します。...

 



きまぐれクックの炎上

さて、料理系ユーチューバーとして抜群の人気を誇るきまぐれクックですが、これまで何度か炎上したことがあるようです。

それほど大きな騒動にはならなかったのですが、ここではきまぐれクックの炎上についてまとめてみました。

通行人へのマナー

とある動画の冒頭部で、

  • ベビーカーを押す通行人の邪魔になっている
  • 通行人の顔にモザイクがかかっていない

ことが指摘され、炎上。

きまぐれクックは謝罪して、動画を編集する対応を取りました。

自家製梅酒ソーダ

梅のシロップを作るこの動画には、きまぐれクックが去年作ったという梅酒が出てきます。

その梅酒に対して「密造酒になる」「酒税法にひっかかる」などのコメントが寄せられたのです。

実際には、家庭で楽しむ分には法律的な問題はないので、きまぐれクックも予想外のコメントに驚いていましたね。

フグの扱い方

https://twitter.com/Kneko__/status/1166193014588358657?s=20

丸々と膨れたフグをつつくきまぐれクック、これを見ると「フグってけっこうかわいいかも」と思いますよね。

ところが、フグを転がしたり、おもむろに目の部分に指を突っ込んで持ち上げる場面を見た視聴者からは、「かわいそう」「扱い方がひどい」という意見が。

たしかに、ちょっとショッキングなシーンではあります。

ですが、フグの前歯が非常に危険であることや、体が丸くて掴みにくいことから、目の部分を持つことは適切な方法のようです。

タツノオトシゴを食べる

きまぐれクックがタツノオトシゴを捌いて、素揚げにして食べたところ、アラビア語で殺害予告が来たそう。

この動画を見た海外の人の中には、タツノオトシゴを食べるのが日本の文化だと思った人もいるみたいです。

刺青疑惑

きまぐれクックが巨大なタコを捌く動画で、腕に刺青のようなものがあると話題になりました。

ですが、これは単にタコのスミが腕に付いてしまったもので、刺青ではありません!

余った食材を捨てている?

大きな食材を扱うことの多いきまぐれクックには、余った食材を捨てているのではないかとの疑惑があるようです。

もしも本当に捨てていたとしたら大問題ですが、もちろんそんなことはしていません。

余った食材はお裾分けしているとのことなので、安心してくださいね。

レペゼン地球とのコラボ

レペゼン地球とコラボしてカレーを作る企画ですが、「レペゼン地球メンバーの食材の扱い方が雑」との批判が集まりました。

たしかに、食材を鍋に投げ入れている様子が見られ、残念に感じてしまいます。

食べ物は大切に扱ってほしいですね。

きまぐれクックが通う市場

きまぐれクックが食材を仕入れている市場がどこにあるのか、気になりませんか?

きまぐれクックがよく利用する市場は、愛知県にある『豊浜 魚ひろば』。

きまぐれクックの動画にときどき登場する、「変な魚おじさん」が働いている市場でもあります!

また、きまぐれクックは同じく愛知県内の『三河一色さかな村』も利用していますよ。

 

なお、「変な魚おじさん」については、こちらの記事をどうぞ。

https://youtuber-note.com/10716

きまぐれクックの年収

2016年12月に動画配信を開始して以来、短期間で人気ユーチューバーとなったきまぐれクック、その年収はどのくらいなのでしょう?

きまぐれクックの動画再生回数は 1,265,488,895、動画配信開始が2016年12月(チャンネル開設は2008年)、この数字をもとに、きまぐれクックの年収を計算してゆきたいと思います。

なお、広告単価は再定位料金、0.02円とします。

1,265,488,895 ×0.02(広告単価)÷4(運営年数)=6,327,444(円)

という事で、きまぐれクックの動画年収はおよそ632万円となります。

けれど、きまぐれクックはチャンネル登録者数370万人を超える人気チャンネル。

広告単価はもっと高いと思われます。

ちなみに広告単価が0.2円の場合はおよそ6,320万円の年収となりますので、かなりの高収入ですね!

まとめ

今回はきまぐれクックについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

彼の包丁さばきは、本当に綺麗で「本当に調理師とかじゃないの?」と不思議に思ってしまいます。

でも、子供の頃からよく捌いていて、港町で育ったきまぐれクックだったらそれもありなのかな?と思ってしまいます。

機会があったらきまぐれクックの見事な包丁さばきやお料理を動画で楽しんでみませんか?



こちらの記事もおすすめ